個人再生費用はどれくらい?|個人再生をする前に必読!

個人再生費用はどれくらい?|個人再生をする前に必読!

個人再生にかかる費用について|個人再生をする前に必読!

個人再生ってお金かかるの?

かかります。

 

●個人再生の費用相場

方法

金額

内訳

自分で申請

約27万円

個人再生の費用

司法書士に依頼

約37~47万円

個人再生の費用+司法書士費用

弁護士に依頼

約47~67万円

個人再生の費用+弁護士費用

 

※手続きは専門的な知識が必要であるため、基本的に弁護士に依頼することがほとんどになります。

個人再生には約50~70万円程度の費用がかかります。
弁護士費用は後払いや分割払いも可能ですが、裁判所への費用などは手続きの際に用意しなければなりません。

 

  • 私の借金は個人再生できる?
  • 個人再生で借金をいくら減額できる?
  • 最適な債務整理の方法は?

⇒まず簡単にシミュレーションしてみましょう。

債務整理シュミレーター

 

シミュレーションすることで個人再生の具体的なイメージがわきます。
借金の早期解決のためにも、一歩踏み出しましょう。


【借金問題】スピード解決なら弁護士が安心

今すぐ相談するなら弁護士法人サルート
  • 携帯電話からも通話料無料で相談できる
  • 全国対応!24時間365日OK
  • 初期費用0円

↓弁護士法人サルートの公式サイトはこちら!

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■電話相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

弁護士法人サルートに相談するべき3つの理由
借金に関する相談なら何回でも無料なので気軽に相談できる
24時間365日対応してくれるので急いでいる人はすぐ相談できる
初期費用0円で手続きを始められるので安心

弁護士法人サルートは今すぐ相談したい人にぴったりなんです!

まずは気軽に【メール・電話】で無料相談をしてみましょう。
メール相談はこちら
↑※こちらからメール相談ができます

 

条件別相談窓口-○○ならここ!-

 

闇金相談ならウイズユー司法書士事務所

一般的に闇金対応を敬遠する弁護士事務所は多いです。
闇金対応のノウハウがあるウイズユー司法書士事務所も無料相談ができるので、まずは相談してみましょう。
↓メールでの相談もここからできます!
ウイズユー司法書士事務所

>>ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

個人再生は意外と高い?!費用まとめ

個人再生にかかる費用は、大きくわけると2つです。
それは個人再生の費用として裁判所に支払う費用と手続きなどを依頼する弁護士の費用です。

 

債務整理の手続きは個人でもできますが、複雑なため一般的には弁護士に依頼する人が多いです。

 

個人再生をすると決めている方は、1度、弁護士事務所の無料相談を利用して『自分の場合は総費用がいくらになるのか』確認してみてもいいと思います。
実際に話を聞いてみたほうが、個人再生へのイメージも具体的になりますし、無料相談といってもいろんなアドバイスをくれるのでとても参考になります。

 

具体的に何にお金が必要?

個人再生の費用

収入印紙代

1万円

官報掲載費

(予納金)

1万2千円

郵便切手代

1,600円

個人再生委員報酬

約25万円

 

※個人再生委員は裁判所によって選任するところとしないところがあります。

 

依頼費用

弁護士や司法書士に依頼して個人再生を行なう場合には依頼費用が必要になります。
依頼費用はだいたい相場で言うと司法書士が30~40万円程度、弁護士が40~60万円程度となっています。

 

個人再生費用【まとめ表】

費用/方法

弁護士

司法書士

自分

裁判所への費用

2万5千円

2万5千円

約17~30万円

依頼費用

約40~60万円

約30~40万円

0円

住宅ローン特則利用

約5~10万円

約5~10万円

0円

合計

約50~70万円

約40~50万円

約25~30万円

弁護士や司法書士に依頼すると、個人再生委員への報酬は25万円から15万円程度に減額されます。

 

このように個人再生にかかる費用は人によって異なります。
自分の借金状況や資産・生活状況から依頼する弁護士などなど…。

 

なのでまずは、自分に最適な方法は何でそれにはいくらくらいお金がかかるのかシミュレーションしてみると、参考になると思います。

>>【無料】借金解決診断シミュレーター

 

 

個人再生が本当に最適な方法ですか?

個人再生を考えているけど、本当に自分は個人再生でいいの?

 

上でも見たように司法書士や弁護士に依頼した場合、費用にはその人の生活状況や借金の状況などによって個人差があります。

 

また、決して安い金額とはいえません。もし個人再生に失敗してしまうと費用や労力が無駄になってしまいます。

 

そのため、自分にどんな債務整理の方法が最適なのかわからない…という方は無料診断がおすすめです。
無料・匿名OKのシュミレーターです。
あなたに合った債務整理方法を見つける目安になりますよ!

 

 

個人再生は弁護士に頼むべきって本当?【違いとは】

個人再生の手続きは個人で行うこともできますが、素人からするとかなり複雑なので多くの人が専門家に依頼しています。

 

その依頼する相手は弁護士と司法書士どちらがいいんでしょう?

 

 

結論から言うと…
弁護士に依頼したほうがいいです。

 

 

それは司法書士より弁護士のほうが行動の範囲が広いからです。

 

司法書士の場合

書類作成代理人として申立書などの作成を行います。司法書士には代理権がないので裁判所との交渉は本人がしなければいけません。

弁護士の場合

番越しは本人の代理人になれるので、依頼すると全て任せることができます。

 

そのため、弁護士に依頼したほうが楽であるといえます。
一見、同じようにも思えますが弁護士への依頼費用のほうが高いのはそういった理由があるからなんですね。

 

個人再生の費用まとめ

個人再生では、
・個人再生の費用:2.5万円
・依頼費用(弁護士):40~60万円
※住宅ローン特則利用ならプラス5~10万円
・合計:50~70万円

 

このような費用がかかります。
個人再生を選ぶ方は住宅を残したいという方が多いので、住宅ローン特則を利用した場合で合計金額を出しています。

 

これだけのお金を一括で支払うのは難しいと思うので、分割払いや後払いに対応している事務所を選ぶようにしましょう。費用についてはあくまでも相場なので、相談に行った際にどのくらい費用がかかるのか確認してみてください。

 

 

いますぐ、費用やいくら減るか知りたい!という方は…

 

【借金解決診断シミュレーター】
無料・匿名で診断できる
5分で診断可能!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

 

そもそも個人再生って何?

個人再生とは?

 

個人再生は「借金を減らすこと」を目的とした債務整理手続きの1つで、裁判所を介して行なわれます。
借金の返済に困っている人の返済額を減らすことによってその人の再生を図るものです。

 

個人再生は、自己破産や任意整理などと同じ債務整理手続きの1つです。
借金を減らすことができます。
ただ、もちろんだれもが個人再生できるというわけではありません。

 

個人再生できる条件とは?

・借金の総額が5000万以下であること
・安定収入があるかどうか
・住宅が住宅ローン以外の担保になっていない、などです。

 

個人再生は借金を減らす手続きであるため、減らされた残りの借金は手続き後に3年間で返済しなければなりません。

 

そのため、残りの借金をちゃんと支払う能力があるかどうかも条件に含まれています。

 

個人再生でどれくらい借金が減るのか【減額】

個人再生の減額の目安は以下の通りになっています。

借金額

手続き後の返済額

100万円未満

全額

100万円~500万円以下

100万円

500万円~1500万円以下

借金額の5分の1

1500万円~3000万円以下

300万円

3000万円~5000万円以下

借金額の10分の1

5000万円~

個人再生不可

 

表からもわかる通り、個人再生で大きく借金を減らすことができます。

 

ただ、その人の財産状況によっても減らされる金額は異なるので、「わたしの場合はいくら減るのか」知りたい方は、シミュレーションで診断すれば簡単にわかります。

>>わたしの借金いくら減る?無料シミュレーション!

 

自己破産とどう違うの?

個人再生ならではのメリット!

 

では個人再生は自己破産とどう違うのでしょうか?

 

そこに、自己破産ではなく個人再生を選ぶメリットが見えてきました!

 

マイホームを残せる

自己破産では、住宅は売却もしくは競売などで失ってしまうのが原則です。

 

しかし、個人再生であれば住宅ローン特則を利用することでマイホームを残すことができます。
簡単に言えば住宅を残す代わりに、住宅ローンもそのまま支払い続けるということです。

 

住宅ローンは減額されないので、減額された借金と住宅ローンの両方を支払える収入がなければなりませんが、それでもマイホームを残したい!という方にはかなりありがたい方法となっています。

 

 

ギャンブルや浪費の借金でもOK!

個人再生では借金の理由を問われることはありません。

 

自己破産の場合、ギャンブルや浪費での借金だと免責が下りないんですが、個人再生ならばどういった借金であってもほかの条件を満たしていれば手続きすることができます。

 

>>私は個人再生できる?無料チェック!

 

仕事への制限がない

自己破産では、「警備員・生命保険外務員・自動車運転代行業・弁護士」といった特定の職業に一時的ではありますが、就けなくなります。

 

個人再生にそのような制限はありません。

 

上記のような職に当てはまる方は個人再生のほうがいいかもしれません。

>>債務整理の相談なら借金お助け相談窓口

 

【注意】個人再生のデメリットとは?

 

個人再生と自己破産の違いから個人再生の特徴がわかりましたが、個人再生をするデメリットはあるのでしょうか?

 

ブラックリストに載ってしまう

個人再生をすると約5~7年程度ブラックリストに載ってしまいます。

 

ブラックリストに載ると、クレジットカードやローンの利用ができなくなってしまいます。

 

そのため3年間の弁済期間が終了しても手続き後5~7年間はクレジットカードやローンの申し込みは困難であると考えておきましょう。

 

 

ちなみにブラックリストに載ってしまうのは任意整理でも自己破産でも同じことです。

 

手続き後も返済がある(3年間)

先ほどから書いてある通り、個人再生は減額された借金を原則3年間で返済していく手続きです。

 

自己破産のように債務が全て0になるということはありませんし、そのため、手続き者には支払い能力が必要になります。

 

>>最適な債務整理は?無料スピード診断!

 

個人再生or自己破産【まとめ】

 

個人再生と自己破産は似たような手続きと思われがちなのですが、違いも大きいということがわかりました。
ここまでで書いてきたことを簡単にまとめます。

 

個人再生

自己破産

借金の減額度

大幅に減る

rankmaru1.gif

全て免除

持ち家を残せる

rankmaru4.gif

借金の理由を問われない

rankmaru4.gif

ギャンブル・浪費などはNG

職業に制限がでない

rankmaru4.gif

特定の資格に制限

ブラックリストに載らない

rankmaru4.gif

rankmaru4.gif

手続き費用(弁護士に依頼)

rankmaru3.gif

50~70万円

30~50万円

※同時廃止の場合

 

自己破産が借金すべて免除になるのに比べて、個人再生は減額された借金を原則3年間で返済しなければなりません。
ただ、その分デメリットは自己破産よりも小さいように感じます。

 

よく言われていますが、個人再生は任意整理と自己破産の間をとったような手続きだと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

個人再生と自己破産…どっちにするべき?

最適な方法はシミュレーションで調べられます。

 

>>借金解決診断シミュレーターはこちら

 

だいたいの基準でまとめると…・

 

  • マイホームを残したい
  • 安定した収入がある
  • 借金総額が5000万円以下
  • 借金の原因が浪費またはギャンブル

⇒個人再生向き

 

  • 借金総額が5000万円以上
  • 減額されても返済できる見込みがない
  • マイホームを持っていない

⇒自己破産向き

 

といった感じだと思います!

 

ただ、どちらがいいという絶対的な基準はなく、その人の財産・収入・借金などの状況によって最適な方法は異なります。
一度、シミュレーションなどしてみるのが良いと思います。

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

 

債務整理ならまずは無料相談からスタート

 

 

 

個人再生費用はどれくらい?|個人再生をする前に必読!関連ページ