債務整理とは?-費用・デメリット徹底調査-

債務整理とは?-費用・デメリット徹底調査-

債務整理とは?-費用・デメリット徹底調査-

 

債務整理とは?

債務整理は、借金の返済が困難になった場合に行うものですが、その方法は、
特定調停・任意整理・個人再生・自己破産と4種類あります。

それぞれの状況に適した債務整理を行う必要があります。

 

債務整理《まるわかり一覧表》
 

返済
能力

減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 通さない
特定調停 有(高) 通す
個人再生 有(低) 通す
自己破産 全額 通す

>>債務整理とは?もっと詳しくみる

 

債務整理の費用

弁護士・司法書士に依頼した場合の費用です。※あくまでも参考程度

債務整理方法

費用

任意整理

1社あたり3~5万円

+着手金・成功報酬など

個人再生

30~50万程度

+着手金・成功報酬など

自己破産

20~50万程度

>>債務整理の費用について詳しくみる

 

債務整理のデメリット

 

メリット

デメリット

任意整理

裁判所を通さない

大幅には減額できない

個人再生

借金を最大5分の1に減額

マイホームを残せる

手続きが難しい

自己破産

借金が全額なくなる

保有財産に制限が出る

>>債務整理のデメリットについて詳しくみる

 

事情があって働けなくなって返済できないような状況でこのままでは個人再生の申し立ては認可されなくて、安定した収入があればアルバイトでも可能です。そして借り入れがある銀行に給与振り込みや公共料金の自動引き落としや住宅ローン御引き落としなどをしているような預金口座があるときは、個人再生をすれば預金口座が凍結されてしまうような可能性もあるのです。そして借り入れのないような他行へ変更をするといったことのほうがいいでしょう。そして、すぐ先に支払予定があれば、引き落としできないように口座に残高をなくして置こうといったことがいい方法です。ですが、家を残したいといったことがあれば、住宅ローンはしっかりと払っておくといいです。また、自動車ローンもどうしても必要な車であれば支払っておくといったことが大事なのです。また財産がほとんどなく同時廃止となるなら2万円程度ですが、財産があるとき50万円~予納金が必要となり、さらに弁護士に依頼するときは弁護士費用が20~30万円はかかって着ます。そして弁護士事務書と分割払いの契約をしてみればいいのです。そして同時廃止であれば一番早く済むといったことになりますが、一般的に6か月から1年程度はかかっています。

 

 

債務整理とは?-費用・デメリット徹底調査-記事一覧

債務整理のデメリットメリットデメリット自己破産借金が全額なくなる保有財産に制限が出る個人再生借金を最大5分の1に減額マイホームを残せる手続きが難しい任意整理裁判所を通さない大幅には減額できないtable.peliyy{table-layout:fixed;border-collapse: collapse;}table.peliyy td{padding:1px;background-color:...

債務整理とは?債務整理は、借金の返済が困難になった場合に行うものですが、その方法は、特定調停任意整理個人再生自己破産と4種類あり、それぞれの状況に適した債務整理を行う必要があります。債務整理の費用はどれくらい?また債務整理をするといっても費用がかかり、債務整理方法によって、費用が違います。債務整理の着手金とは?弁護士や司法書士に依頼した場合に払う手付金のようなものです。着手金に関しては、かかる事務...

債務整理には4つの種類があります。任意整理・特定調停・個人再生・自己破産となるのですが、なかなかこれらの区別がつかないという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、これらは特徴や内容が異なっているため、きちんと自分の状況にあったものを利用しないといけません。任意整理とは任意整理は、弁護士や司法書士など専門家に依頼をして債権者と相談をし、借金の減額などを行います。特定調停もこの任意整理と効果とし...

債務整理の問題は弁護士に相談することで、迅速かつ適切に対応してもらえます。借金問題で悩んでいるなら、まずは無料相談を利用して専門家にアドバイスをもらいましょう。家族に内緒での相談も可能です。弁護士法人サルートなら365日24時間無料対応!&inpage=&memo=tel')" rel="nofollow">サルート法律事務所の特徴24時間365日無料相談OK全国どこでも対応初期費用0円だから安心...

自己破産をはじめとする債務整理を行うと、その後住宅ローンを組む事ができなくなるとご存じですか?債務整理には自己破産以外にも、個人再生や任意整理という方法があり、それぞれ効果に違いあるのが特徴です。ですので、まずは自分の状況にあった債務整理を選ぶ事が、借金問題を解決する為には大切な事になります。なぜ、債務整理をすると住宅ローンが組めなくなるのかというと、信用情報機関が大きく関わってきます。債務整理を...

官報は政府が発行している機関紙です。国が発行している広告といった感じで利用されており、様々な情報が記載されていますこれには借金に関する情報が記載されていることもあります。実は官報は破産についての情報が記載されており、それは個人の情報が記載されることもあるのです従って自己破産を行うと、官報の掲載される可能性があります。しかし見るような人は殆どいませんから、外部に漏れることは殆ど無いに等しいのです他の...

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングローン、そして銀行系カードローン会社のカードローンなどで借金をしてその借金が返せない状態になった人が債務整理を行うケースが急増しています。債務整理の中でも最も人気の高い債務整理方法である「自己破産」ですが、「自己破産」を申し立てる場合は主に「自分で「自己破産」の申し立て手続きを全て最初から最後まで行う」方法と、「「自己破産」の申し立てに関連する書類の作...

債務整理をした場合、ブラックリストに載ってしまうと考えている人は多くいます。しかし実際のところ、債務整理の種類もさまざまですので、一概に債務整理をしたらブラックリストに載ってしまうというわけではありません。一般にブラックリストに載るというのは、信用情報機関にある情報が登録され、新たな借り入れの制限がされるということを意味しています。それで、債務整理をした場合にもその情報は、信用情報機関に登録される...

借金の問題を解決する為には、債務整理を行うのが一般的です。債務整理といえば自己破産のイメージが強いと思います。ですが自己破産以外にも任意整理や個人再生、特定調停と様々な債務整理の方法があることは知っていますか?これらの債務整理を行う事で借金問題の多くは解決できますし、申請を行った時点で督促も止まります。そのため毎日のように厳しい取り立てに合っていた方は、金銭面だけでなく精神的な負担も解消することが...

債権者がどうしても債権の回収を図るために行うことに一つに給料の差し押さえがあります。債権者が給料の差し押さえ等の強制執行をするためには、裁判所に訴訟を提議して判決を得るか、公正証書を作成し裁判所に対して強制執行の申し立てを行う必要があります。これらの手段は債権を回収するための法的手続きの一つです。申し立てを受けた裁判所は、債務者(借金返済が滞っている債務者など)の勤務先に対して、給与の一部を直接債...

借金の返済が滞納し、差し押さえが行われる寸前になっている方は、誰かに相談して対処することが必要です差し押さえの相談に応じてくれるのは、弁護士の事務所になります。弁護士の方は何でも相談に乗ってくれますから、困ったことがあれば何でも相談してください勿論相談に関わる費用は無料ですから、借金を抱えて困っている方も安心できると思います基本的に差し押さえを解消するためには、債務整理を行うことが必要になります。...

借金の返済が滞っていると、督促状が届きますよね。それを無視していると、今度は差し押さえ通知が送られてくるケースもあるようです。差し押さえ通知も督促状と同じ感覚で放置していると、取り返しがつかなくなってしまうので、差し押さえ通知が届いた時点で早めに対処しましょう!差し押さえ通知は、借金を返済しないのなら財産を差し押さえますよ、という最後通告になります。通知が届いた時点で完済したり、任意整理や個人再生...

借金の滞納を続けていると、支払督促が届くようになります。これは裁判所名義で届きますので、届いたらかなり危ない状況であることがわかります支払督促とは滞納を続けている債務者に対し、お金を払うように催促する通知書になります。これは債権者の良い分だけで作成されてしまうため、こちらの意見は聞いてもらえません従ってこの督促に従って返済を行うか、債権者との話し合いをすることになりますこの支払督促を無視し続けると...